歩く速度と認知症

walking

アメリカのオレゴン健康科学大学にて、
健康な65歳以上を対象に平均9年に渡って、
運動能力の低下と認知機能の関係性を調査したところ、
認知症予備群であると診断された人は、
健康なグループに比べ歩行速度が遅くなっていた。

また、この歩行速度の低下は認知症予備群と診断される、
12年も前から現れると。

 

こんな話を聞いたら、

「早く歩かなければ」
そう思い、肘を曲げてスピードあげませんか。

ウォーキング効果を高めようと、
早歩きをしてしまいがちですが、
ただ早く歩いただけでは、
効果はそんなに得れないですし、
足、膝、腰を痛める原因にもなります。

早歩きをするよりも大切なことは
正しい歩き方を身に付ける!

そうすると、
優雅に歩いているように見えて
意識して早歩きしなくてはと思わなくても、
自然と歩く速度は早くなります!

20代の生徒さんが、
通勤中に今まで周りの人に抜かれていたのが、
歩く速度が上がり、
スイスイ人を追い越せるようになりました。

また、70代の生徒さんは、
今まではご主人さまの後ろを、
「待ってー」っと追いかけていたのが、
先頭を切って「行くわよ」と言えるほど、
歩く速度が上がり、家族が驚いています!

 

優雅な歩きで歩く速度を上げて、
認知症回避しませんか。

 

アラフィフ・アラカンでも、今日から始められる!
体力アップ・健幸美な身体で人生を歩む。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました