一番の犠牲は

Body

スティーブン・ジョブズの最後の言葉。
※一部を抜粋しています。

人生には限界はない。
行きたいところに行きなさい。
望むところまで高峰を登りなさい。
全てはあなたの心の中にある、
全てはあなたの手の中にあるのだから。世の中で、一番犠牲を払うことになる 「ベッド(賭け)」は、
何か知っているかい?
シックベッド(病床)だよ。あなたのために、 ドライバーを誰か雇うこともできる。
お金を作ってもらうことも出来る。
だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。

しかし、一つだけ、なくなってしまっては、
再度見つけられない物がある。

人生だよ。命だよ。

手術室に入る時、
その病人はまだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
「健康な生活を送る本」

 

母におこった出来事を話すと、

「それって医療ミスじゃない?」

そう言われますし、私自身も最初はそう思っていました。

弁護士さんにもそう言われ、裁判を起こして、
お金を受け取ることもできたのですが、
たとえお金を得ることができても、
体は元には戻らないですよね。。。

冒頭のスティーブン・ジョブズの言われた言葉。

「なくなってしまっては、再度見つけられない物がある。
人生だよ。命だよ」

ビジネスで成功され富を得たスティーブン・ジョブズさえも、
お金ではなく、人生、命と言っています。

 

「健康な生活を送る本」をまさに読み終えていなかった。

振り返ってみると呼吸もできないほどの、
ボロボロな身体にしたのは、
医療ミスした医者ではなく母自身なのです。

だからと言って、
母は何もしなかったわけでもなく、
太っているのを気にして、
健康体操を真面目に通い、
治療院へも通い、
食事を気にしたりしていました。

ですが、生死をさ迷う寝たきり状態へと陥ったのです。

今となっては、なぜ引き起こしたのか。
原因がよくわかりますが、後の祭り。

自分の身体をつくりあげるのは自分であり、
自分を身体を守れるのは自分だけですし、
自分次第で変えていけるのです。

しかし、
自分の身体の見方が分からなければ、
様々なことをおこなっても、

一時的。
痩せない。
身体の痛みを感じながらの生活。
年だからとしょうがないと諦めの気持ち。

この先の健康への不安を抱えている人も、
多いのではないでしょうか。

介護中、様々な角度から身体について学び、
自分が倒れてしまってはいけないと思い、
取り組んできたら、
たった1分間おこなうだけで、
内臓脂肪は燃焼され、

スーパーへのお買い物時間が、
私にとってのウォーキングトレーニング時間。

そんな私が、アラフィフになった今も、

「変わらないね」
「素敵だね」
「姿勢いいですね」
「歩く姿に感動した」

など、褒められ続けています。

だからと言って、いつでも元気ではありません。
時々、不調もあり、
病院へ行くこともありますが(ここ最近では2年前に行ったきり)
ずっと通い続けることや、薬はめったに飲みません。

それには自分の身体を知る。

自分を知った上で、適切なケアをしています。
なので、早めのセルフケアで戻せますし、
病院へは確認に行く感じです。

自分でケアして、正しい歩き方を身に付け、
最期のときまで自力で立ち、歩ける身体で、
人生を楽しみませんか。

【無料メール講】
歩くだけで周りを魅了健幸美Bodyウォーキング

 

★生徒様の声

真輝先生の講座は足の測定から靴の選び方、
心の在り方、歯の噛み合わせの大切さまで、
歩くための身体を作るレッスンだけど、
トータルでしっかり指導してくださるレッスンでした。
他にはないと思います。

本当にありがとうございました。

 

 

★生徒様の声

日常に取り入れられる健康法、
現在抱えている悩み(健康も、精神的なことも)
根本的な気付きを明快に、そして明るく優しく指摘してくださり、
毎回、目からウロコの講座でした。

自分の体を自分で治す、ずっと健康でいるためのスキル。
ラッキーを呼び込み続ける方法を具体的に教えて下さりました。

先生もキラッキラしていていつもパワーがあり、
存在そのものがパワースポット!

おあいするだけでもいつの間にか、
元気な笑顔になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました