小さな感動が

Body

「立っているのが苦にならなくなりました!
以前は疲れてすぐにしゃがみ込んでしまっていたのが、
立っていられる!!」

この他にも

「身体に軸を感じられるようになりました」
「3分立ちっぱなしだと腰が痛かったのが、痛くなくなった」

生徒さん達が喜び、感動されています(*´꒳`*)
ご自身の足で立ち、歩ける素晴らしさを体感してもらえて、
私もとっても嬉しく感動しています(*´꒳`*)

筋力を付けなければと筋トレし、
余計に腰を痛めるなど、身体に不調をおこすことはありませんか。

 

運動すればいいではなく、
正しい手順を踏んでおこなわなければ、
身体を痛めてしまう原因をつくりあげます。

以前に芸人の〇村さんが、
いきなりマラソンを走って心肺停止し、
救急搬送されたのをあなたは覚えていますか。

いきなりハードな運動をおこなうと命の危険さえあります。

ここまでいかなくても、
ウォーキングは負荷が少なく良いとされても、
手順を踏まずにただ歩くだけでは身体を痛めます。

 

20年間ウォーキング指導してきて、
講演会やイベントにて、質疑応答になると、
必ず、
「健康のために歩いていたのに足が痛くなって、
歩くのが辛くなりました。どうしたらいいのでしょうか」

身体の不調を訴える人が多くいらっしゃいます。

以前、近所を歩いていたのに急に体調を崩して、
道路に倒れ込んでしまった方を救助したこともありました。
家まであと100mほどのところで、
自力で立っていられなくなり、
倒れ込んでしまい起き上がれない状態でした。

最初は意識朦朧としていたので、救急車を呼ぶと
救急車に運ばれようとした時、
「く。。。」一言こぼれ、

救急隊;「苦しいのですか?」
倒れた方;「悔しい」

自力で、立てない、歩けなくなる。
この辛さは失ったときにしか感じられないかもしれません。

 

健康的な身体を創りあげるには、

・運動すればいい。
・歩けばいい。

これでは残念ながら、創りあげれません。

 

正しい知識と手順でおこなえば、

・立っていられる。
・痛くない。

身体の不調とはおさらばです!
立っていられるなんて、小さな感動かもしれません。

でも、この小さな感動の積み重ねが、
いくつになっても颯爽と美しく歩き、
毎日のお出かけをウキウキ気分で楽しめますよ(^_-)

 

 

アラフィフ・アラカンでも、今日から始められる!
体力アップ・健幸美な身体で人生を歩む。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました